クライアントを魅了するプレゼンテーションの極意

番匠 雅幸 for Private Time/2015.02.26

みなさんこんにちわ。
プロジェクト推進部の番匠です。

先日といっても去年の話しですが、日本ディレクション協会が主催する
"クライアントを魅了するプレゼンテーションの極意"という
セミナーに参加してきました。

まずはじめにイイプレゼンってどんなプレゼン?という本質的なところからスタート。
セミナーでは3つの心得として



 ・「思い」に勝る要素はない
 ・相手の「共感」を狙う
 ・提案は「根拠」で伝わる


イイプレゼンは、聞き手と話し手のキャッチボールが行われて
自分はこう思うおからこの形がベストなんだ!といいきれる思いには勝てないよね。
といった本質的な部分を紹介して頂きました。

本質的なプレゼンのツボを知った上で早速みんなでプレゼン大会です!!

6つのチームで別れて代表者一人がプレゼン、お題は"つい最近買った物"。
コンビニで買ったお水からお菓子、サーフェスなど、バラエティに飛んでます
最後にプレゼンする様子を一通り聞いて最後に投票です。

投票結果を見てみると・・・
プレゼンのうまい人聞き手と話し手とのキャッチボールが
できれる人に票が集まり、上手い人の前後にプレゼンした人の
票があまり入らない傾向になりました。

実際のプレゼンにも言えることで
提案やアウトプットの質がイイ会社さんの前後に
プレゼンを行うと印象が薄くなってしまうので
プレゼンする順番も重要なんだなぁ~と感じました。

最後に・・・
永ちゃんのすべらないトーク、しっかりコール&レスポンスができている例です。





 

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版