Records is COOL!!

熊谷 英弥 for Private Time/2016.04.21

はじめまして、クリエイティブチームに昨年末入社しました熊谷です。
よろしくお願いします。

先日RECORD STORE DAYもあり個人的にレコードを集めているのレコードの事を書かせてもらいます。

ー 近年レコードが世界的に再熱しています。
近年レコードが世界的に再熱しています? ? ?

ピンとこない方もいるかと思いますが、レコードは新譜、中古共にここ3、4年売り上げを伸ばしています。
HIPHOPやROCK,JAZZなど元々レコードでの売り上げがあったものもありましたが、アイドルなどがリリースしたりもしています。
"きゃりーぱみゅぱみゅ"や"桃色クローバーZ"はリリースの次の日にはプレミア価格が付いたりもします。



最近買ったレコードです。The Internet - Ego Death 現行のソウルファンクバンド。


ー 買っているのは若者が中心
なんとなくレコードと聞くと、
少し知的で敷居の高い趣味、年配の方が買い集めている様な、あるいはコアなHIPHOPリスナーがコレクションしてるイメージがあるのですが、最近の買い手は若者が中心。
もちろんクラブカルチャーにハマってる人も買っていますが、よく見かけるのは音楽好きの大学生がダウンロードから徐々にレコードに移行してる姿です。


ー レコードの魅力って
しかしネットを開けばYou TubeでPV付きで見放題。
アルバム丸ごとダウンロードフリーってアーティストもいるこのデジタル全盛期に、
なんで今レコードを買うのか、どんな魅力があるのか、僕なりの考察を書こうかと思います。

ー かっこいいレコード
まずは、レコードを買う=かっこいい!!

最初はこれかなと思います。僕もそうなんですが、
物心がついたときにはCDレンタル、カセットにダビング。今の20代前後は、殆どがYou Tube、ダウンロードで音楽を聴いて育っています。

そんな彼らがレコードを知るきっかけって

街にいるお兄さん達は大体レコード袋をぶら下げてた。
好きなバンドのアーティストが熱心にレコードを語っていました。

等で要するに、レコードに対して"憧れ"があるのです。
レコードでリリースされるのが当たり前だった時代の世代の方々には少し分からない感覚かもしれませんが、あのでっかいジャケットの円盤を買うことは非常にクールだなと2010年代ユース達は思っているのです。

002.JPG
お気に入りの一枚。ニューオーリンズ出身Jean Knightのヒット曲「Mr. Big Stuff」収録の名盤。個人的に好きなSTAXからのリリースというのもあり、好きです。

ー 街で遊ぶ
レコードを買うときやっぱりレコード屋さんに行きます。ネットで買う事もありますが、俄然お店に行って買う事の方が多いです。
やっぱりお店によって強いジャンルも違うわけで、"誰々"を買いに行ったら、また違う"誰か"に出会ってしまったりそんな偶然性も楽しいところです。

しかもレコード屋さんって街の変な場所にあることが多くて、新しいお店に行くたびに街に詳しくなっていきます。(あやしい雑居ビルの中だったりと)
それで人間も動物ですのでお腹が減るわけで、
"こんだけレコードに使って、これは飯代だ"となります。
そうするとさらに、安くて美味しいお店までわざわざ足を運ぶわけで。

俄然、街に詳しくなりデートスポットまで手に入れるというおまけまでついてきます。わーい



ー いちいち聞く
レコードを聞くとき、検索かけてボタンポチッてわけには、いかないのです。

自慢のコレクションから聞きたいレコードのジャケット思い浮かべ、探し出す。
それから傷がつかない様に注意して取り出しターンテーブルにセット。
最後に、針を落とすのです。

要するにめんどくさいのです。

でも、この「めんどくさい」のが大事で この一連の流れが体を "音楽を聴く"状態にするわけです。

たとえば、初めて行った彼女の家で入れてもらったハンドトリップコーヒーって妙に美味しいじゃないですか?
あれって、待っているときの豆挽く音だったり、コーヒーの匂いだったり実際に飲む行為以外のところ含めて美味しいわけで。

レコードを聞くってのもそういうことなんです。毎回、体験してるんですよ。

良くレコードで聞くと全然違うって言いますが(実際に出ている周波数の音域が違う。)たぶんこういったことも含めて違う音に聞こえてるんだと思います。


004.JPG
僕の好きなHIGH LOWSというバンドなんですが中古でレコードを発見し買い直しました。この馬くんの笑顔でかい方が良くないですかwww

ー 結局、レコードはかっこいい
ジャケットが無駄にでかかったり、ジャケ買いして帰る興奮や、お金がないから泣く泣く手離すレコードなど 魅力はまだまだ、あるんですが。
結局は全部含めて、「レコードってかっこいい」から買っているんだと思います。

彼女を家に呼んだとき、You Tubeからポッチって鳴らすより、レコード選んでターンテーブルポッチの方がクールじゃないですか!!
気分もあがります。

005.JPG
こちらも名盤 The Main Ingredient ‎- Black Seeds. ナイスサウンドです。とにかくジャケットがかっこいい



知識や深みってのは長く触れていると自然と染み付いてくるものですが、一番最初これを「かっこいい」って思えるかは人それぞれです。
もしちょっとでも レコードってカッコイイなとか思った方は是非ともレコードを買ってみてください。

買えば買うほどレコードってカッコイイなと思っていきます。


ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版