はらぺこあおむし

小野田 恵子 for Private Time/2013.06.14

こんにちは。デスクの小野田です。

先週まで社長ブログで続いていた「本」シリーズが楽しかったので、あれこれ調べていたらすてきな動画を見つけました。
2009年に40周年をむかえた絵本「はらぺこあおむし」の作者 エリック・カールさんによる朗読です。



「はらぺこあおむし」は大好きな本の1つです。
この絵本は良い。楽しい。
あのビー玉をたくさん並べたような色鮮やかな絵。なぜかワクワクします。
はらぺこのあおむしが果物を次々と食べていく時のページのつくり、食べた穴が本当にあいているところなど、今思うと全然大げさな仕掛けではないのに「他の本と違うぞ」ということがとても楽しくて、全く飽きませんでした。本をずっと開いていなくても覚えているので、相当読みこんだのかもしれません・・・。
ストーリーと一緒に体験として覚えている感じでしょうか。
また、今回この動画を見て言葉のリズム感の心地よさにも気づかされ、発表から40年以上たっても支持されるあおむしの魅力を再認識しました。

ところで、、私はこの日本語タイトルの響き・かわいさも愛される理由の一つだと思っています。
訳者のもりひさしさんは、こぐまちゃんシリーズの絵本の作者(共著)でもあるんですね。こちらも好きだったので意外な共通点に驚きました。近々実家にて探してみようかと思います。

変化はゆっくり確実に

井上 陽敬 for Private Time/2013.06.01

みなさまこんばんは。プロジェクト推進チームの井上です。

得意先のみなみなさま、先日は15thパーティにお越しいただき誠にありがとうございました。
当日の模様は弊社代表のブログ記事からお楽しみいただけます。

digはこれから少しづつ変わっていきます。
プロジェクト推進部では、これまでのdigにはない新しいサービスを考案中です。
みなさまこれからもどうぞよろしくお願いいたします。
さて、今回は私の最近の雑感です。


///// @2013/6/1(土)/////
今年はWeb業界的に大きい話題が幾つも発表されました。

・情報収集ツール「Googleリーダー」がサービス終了
 →仕事/プライベート共に打撃をうけました。今はfeedlyで代用中。

・Googleが検索順位の評価アルゴリズムをアップデート
 →専門業者は冷や汗。今後の評価基準がどうなるかが見ものです。

Flickrがサイトのデザインをリニューアル
 →メジャーなサービスサイトのデザインリニューアルはいつも勉強になります。

・米Yahoo!がTumblrを11億ドルで買収
 →米Yahoo!は若年ユーザ取り込みに躍起だなぁ、と。

Square、遂に日本上陸
 →まだ開発段階だったころにコーヒーショップで撮られたデモ動画は衝撃的でした。

sr-hero-swipe[resized].jpg

Squareとは?
新しい形の決済サービス。スマホやタブレットと専用ハードウエア(*1)を使ってクレジットカード決済を可能にします。主に飲食店や個人ビジネス市場の需要を見込んでいる模様。
(*1)イヤフォンジャックに取り付け可能なカードスキャナー

以上のように代表的なものだけを斜め読みしても、よく耳にするWebサービスの話題が例年より多い印象です。

と、Webの世界にもゆっくり確実に変化が起きていることを感じさせてくれますね。


今回のおまけ:
私がdigに入社した頃によく聞いていたお気に入りのナンバーを。最近またよく聴いてます。

「Soulstice - Changes (Jazzual Suspects Remix Unreleased)」:

二郎は鮨の夢を見る

若林 咲 for Private Time/2013.05.02

こんにちは。プロジェクト推進グループの若林です。

ちょっと前になりますが「二郎は鮨の夢を見る」という映画を観ました。
銀座の寿司屋「すきやばし次郎」の店主の小野二郎さんを追ったドキュメンタリー映画です。
二郎さんは、日本で初めてミシュランの3つ星を獲得した寿司職人で、今も現役で寿司を握り続けている方です。

jiro.jpg

この映画を観て、シンプルに1つのことを掘り下げて考えていくことの重要さを再認識しました。

大抵の物事はいくつかの要素が組み合わさって成り立っていると思います。
全く別の要素を組み合わせることで複雑化し、新しい価値が生まれることはもちろんありますが、構成要素の1つ1つを掘り下げて考えていくことで、新しい視点、価値が生まれることもあるのだと気づかされました。

寿司は、ネタとシャリから構成される至極シンプルな食べ物です。
ネタは?シャリは?と丁寧に突き詰めて考えていくことで、今まで見えていなかった細かい要素が見えてくるようになり、その1つ1つを高めていくことで新しい価値を生み出すという作業を、二郎さんは人生をかけて何度も何度も繰り返し続けているのだと思います。

この映画を観てから、周りにある新しいモノを探すだけではなく、目前の物事の本質を考え、組み立て直すという視点も持つようにしようと意識しています。


あと、この映画でとても印象に残った言葉があります。

「仕事に惚れなきゃだめなんだよ」

この言葉には、自分の「選択」に対する覚悟を感じます。
自分が選んだ仕事を愛することは、自分の人生の選択に覚悟と責任を持つこと。

仕事に限らず、物事には必ず良いことと悪いことがあり、自分の選択が正しかったのか、間違っていたのかと、私は不安になってしまうことがあります。
悪いことが起こると、つい他責的になってしまうこともあります。
二郎さんは、良いことも悪いことも全部まとめて引き受けていくとはっきりと言い切っていると思うのです。

迷いなくそう言い切る姿がとても潔くてかっこよく、私もそうありたいなぁと猫背の背筋が少しだけピンと伸びる心持ちになりました。

エディトリアル制作物のご紹介4

岸 和泉 for Private Time/2013.04.23

こんにちは、クリエイティブチームの岸です。

最近のエディトリアル制作物をご紹介します。

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン様より
『小宮一慶の数字で読みとく日本経済 2013春』のお仕事をさせていただきました。

全国のローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで2ヶ月限定発売!です。
(書店では残念ながら購入できません)



130423_01.jpg

小宮一慶の数字で読みとく日本経済 2013春


弊社すぐ近くのコンビニにも数冊置いてありましたが、
2日後に見に行ったら既に無くなっていました! 
アベノミクスとは何だ? 日本の経済は大丈夫? など、
ちょっとした不安や疑問を持っている人は是非読んでみてください。面白いです!

初ブログ

奈良 文美 for Private Time/2013.04.16

はじめまして、クリエイティブチームの奈良です。
今年の1月にdigに入社しました。
これからどうぞよろしくお願いします。

初めてのブログで緊張しますが。。。

私は青森県の出身なので、青森のお話をひとつ。

みなさん「田んぼアート」を知っていますか?
テレビで紹介させることも多々ありましたが、
古代米の紫・黄・緑・赤などの色とりどりの葉や穂を使って
田んぼに絵や字を描き楽しむ「田んぼアート」。
稲穂が育ちすぎる前の一定の期間しか見ることができません。
他の県でも行なっているようですが、青森のものは本当にすばらしいと思っています。
(ただの愛郷心ですが)
わたしも東京で働いているため一度しか見たことがありませんが、
実物を目にした時は、本当に感動しました!
遠近法が用いられていて、展望台上のある1点から見て、
絵柄が歪まずに見られるように、田んぼの近くから遠方へと田植えの設計をしているそうです。

tanboart.jpg

他にも、これからの季節は、
弘前城の桜まつりや夏のねぶた祭りなど、
伝統的なお祭りがたくさんあります。

neputa.jpg

とっても田舎ですが、
みなさん是非一度青森に遊びに行ってみてください!

Caaaaat

沼崎 for Private Time/2013.04.05

Caaaaat

上記リンクは少し前に話題になった城戸雅行さんという方の作品。HTML5+JavaScriptで作成されているそうです。

一般的な企業サイトやブログを作る分にはこれほど高度な技術は必要ないかもしれませんが、こういう作品を見ると自分などまだまだだと思い知らされます。

Chrome Experiments ここにもサンプルがたくさんあります。

短いですが今回はこれまで。












エディトリアル制作物のご紹介3

岸 和泉 for Private Time/2013.04.01

こんにちは、クリエイティブチームの岸です。

最近のエディトリアル制作物をご紹介します。

株式会社医道の日本社様より『犬のツボ押しBOOK』のお仕事をさせていただきました。

最初にお話を頂戴した時には、「犬にもツボがある」という事に驚きました。
様々な症状に対して有効なツボやその位置と押し方を
イラストと写真で説明していて、とてもわかりやすいです。


130401.jpg

ワンちゃんの病気予防と健康管理に 犬のツボ押しBOOK


ご担当編集者の赤羽様も実際に飼っていらっしゃる柴犬で試してみたところ
本当に気持ちよさそうにするとのことです! 
ワンちゃんを飼われている方は是非手に取って見てみてください

ゼロサム

本江 慶太郎 for Private Time/2013.03.28

こんにちは本江です。
去年から今年にかけて、私の身の回りで大きな事が立て続けに起こりました。
叔父、叔母が続けて亡くなったり、家族の者が入院したりと負の出来事の連続です。
しかし、そんな状況の中でも妹が出産し家族が1人増えました。妹には怒られますがガッツ石松みたいな顔ですが、ブサカワまっしぐらのとてもかわいい赤ちゃんです。
少し大袈裟かもしれませんが、悪い事もあれば良い事もある、ゼロサムなんだと強く感じました。

417_01.jpg

・・・しかし妹の出産から数日後、私事ですが咳喘息と花粉症のくしゃみでとうとう肋骨にヒビが入ってしまいました。赤ちゃんの誕生には、もう少し足りなかったみたいです。
短いですがこれで失礼します。

捨てられないフリーペーパー

成宮 成 for Private Time/2013.03.19

クリエイティブチームの成宮です。

突然ですが私は以前より街や駅でもらえるフリーペーパーに目がないのです。

フリーペーパは、アート系ならばそういう雰囲気のある雑貨屋や家具屋など、ストリート系ならばそっち系の服屋やクラブなど、内容に近い雰囲気の場所に置いてあるので、もらった時に自分が好んで足を運んでいた場所の雰囲気が、ギュっと詰まっているところがなによりも魅力的です。

そんな私の捨てられないお気に入りのフリーペーパーを何点かご紹介させていただきます。
もし興味が出て、街で見つけたら手にとって見てもらえたら嬉しいです。

free.jpg


1:SALUS
東急沿線の駅でもらえる、世田谷的なゆとりある生活の雰囲気が漂ってます。野菜・ヨーグルト・掃除など身の周りにあるちょっとしたモノの特集がためになります。

2:dictionary
20年以上続く日本の「フリーペーパー」の草分け的存在。日本のクラブカルチャーの仕掛け人、桑原茂一が発行。音楽、アートから東北の震災まで様々な切り口で楽しませてくれます。判型や閉じ方が毎号統一されていないのも面白いです。

3:雲のうえ
「ku:nel」の編集者とADの有山さんらが制作する北九州市のフリーペーパー「雲の上」。地方都市の空気や住む人の人柄まで伝わってくるような内容と文章です。

4:VICE
カナダで生まれたフリーペーパーの日本版。会社のブログでは書くには不適切なアングラな特集が組まれている事が多い。写真も刺激的なものが多いですが、そんな中にも社会的な事も書いてあったりもします。

5:art for all
岡本仁さんが編集人となり、BEAMSが発行しているフリーペーパー。「アートを買うということ」をより身近に感じて欲しいというコンセプトのもと発行されてます。連載「どうしてアートを買うのか」が面白いです。

6:FREMAGA
タレントのMEGUMI責任編集のフリーマガジン。ジャマイカ在住のオカマイさんが編集長で、2人の広いネットワークで各業界の面白い方々が登場する。熱いメッセージも詰まってます。こちらも号によって判型が違います。

7:にほんごっ子
日本語教育や日本語をとおした教育や、日本語と日本の未来について考える場になりたいというコンセプト。笑い飯さん、浅葉克己さん、平間至さんなど多彩な顔ぶれが、多彩な切り口から色々な事を考えさせてくれます。

クリエイティブチーム 新スタッフ

高橋 一嘉 for Private Time/2013.03.07

クリエイティブチームの高橋です。
この半年間、デザイナーの採活を行ってきました。
digのメンバーになるということは、これから毎週40時間以上は一緒に過ごすということです。

僕の場合、家族と顔をあわせるのが、平日3時間、休日10時間程度とすると週にだいたい35時間。
digの皆と一緒にいる方が長い!

そんなわけで、婚活以上の真剣さで採用活動にのぞみ、ようやく新スタッフの長谷川さんを迎えることができました。色々と経験豊富な方なので是非みなさま宜しくお願いします!


代々木上原のイタリアンのお店で歓迎会をしました

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版