オススメカフェ

長手 敦 for Private Time/2014.10.26

今回は自分が住んでいる荻窪にある、とある「カフェ」をご紹介したいと思います。

その名も「イナズマカフェ」!
...ちょっと変わったネーミングです。

inazuma01.jpg

このカフェですが、外から見ると一見どこにでもありそうなおしゃれカフェです。
しかし、中に入ってみると...

inazuma02.jpg

何やら壁中にイラストがびっしり。

1年前に初めて訪れたときは真っ白い壁だったのですが、
ここ最近、こんな店内に一新していました。

そしてこのイラスト、よくよく見てみると、漫画家たちの直筆サイン入りイラストなんです!

inazuma03.jpg

そう言えば、荻窪には杉並アニメーションミュージアムがあったり、
中央線沿いには漫画家をはじめとするクリエーターが多く住んでいたりします。

なぜこんなにも漫画家たちが訪れているのか店員さんに伺ったところ、
このイナズマカフェの店主が大の漫画好きで、
以前SNSを通して漫画家たちと交流を持ったのがきっかけで、
それ以来、数多くの漫画家が訪れるようになったようです。

inazuma08.jpg

inazuma05.jpg

実は、自分はあまり漫画には詳しくないのですが、
どこかで見覚えのあるキャラクターなどが見受けられます。

inazuma06.jpg

inazuma07.jpg

残念ながら、唯一好きな漫画家の井上雄彦さんのイラストサインはありませんでしたが、
定期的に漫画家たちが集まってパーティーも開催されているらしいので、
もしかしたら会えるかもしれません。

また、このイナズマカフェ、定期的に映画の上映会もやっているようで、
近くのTSUTAYAのコーナーにイチオシムービーとして
STAR WARSの上映会の宣伝広告がされているのをよく見かけます。

ここの店主は映画もお好きなようで、
店内の2階には漫画と一緒に映画のパンフレットなども飾られていました。

inazuma09.jpg

お会計時には、この人形を伝票の代わりにレジまで連れて行くという、
ユニークなシステムです。

最後になりますが、この「イナズマカフェ」
漫画好きにはたまらないスポットだと思います。
ご興味のある方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

飲まないけど、心に沁みた水

高橋 一嘉 for Private Time/2014.10.19

先日部屋の掃除をしていたら、自動車アクセサリーを専門で扱っているお店で買った
ミネラルウォーターが出てきました。

10年くらい前に、とても綺麗なボトルシルエットに惹かれて衝動買したものです。
購入後に調べてみると日本ではちょっと珍しい、チェコのマットーニ社製品で、
ヨーロッパでは古くから親しまれているメジャーなミネラルウォーターだと分かりました。

IMG_1920.jpg

そしてなぜこの水が自動車アクセサリー屋に置いてあったかというと、ボトルデザインを手がけたのがピニンファリーナだったからです。車好きなら言わずと知れた、フェラーリーなどのデザインを行っいるイタリアのカロツェリアです。

IMG_1926.jpg
Farrari 360 Modenaと Alfa Romeo GTV。共にピニンファリーナのデザインです

古き良き伝統と品質を誇るミネラルウォーターが、モダンなフォルムをまとう。
伝統と先進の理想的な融合と絶賛されたそうです。

僕はピニンファリーナのような「ひと目で人を魅了することができる」車のデザインに携わりたいと工業デザインを学び始めました。
紆余曲折あり、卒業後工業デザインではなくwebデザインの道を選び仕事をしています。
ですが根底にあるものは共通で「魅力的なデザインは人の心を動かす」ことができると思っています。

何気なく手にとったボトルが、憧れのカロッツェリアのデザインだったこと。
このことは車にかぎらず、日常を取りまく全てのデザインに、人の心を動かす力、可能性にあふれていることをあらためて気づかせてくれました。

とはいえ、この10年間を振り返ってみると、100%満足のいくデザイン、
提案ができたと実感したことは、本当に一握りしかありませんが。。。

ユーザの心に響くデザインがしたいという初心に立ち返り、
デザインの仕事に携わっていきたいと思います。

お母さんが読んで聞かせるお話

小出 淳子 for Private Time/2014.10.05

友人が子供を産んだので、最近会いに行ってきました。
まだゼロ歳ですがすでに子供にどんな本を読み聞かせようかなどを考えていて、私が子供の頃にどんな本を読んでいたかを、検討材料として聞かれました。

あらためて思い返してみると
「ぐりとぐら」とか「おおきなカブ」「ねずみくんのチョッキ」などの定番絵本から始まって、お気に入りをいくつか思い出して懐かしくなってしまったのでついついamazonで検索して購入してしまいました。

お母さんが読んで聞かせるお話

というシリーズで、
かつて暮らしの手帖で連載されていた世界の民話や童話などの短編集です。



イラストは藤城清治の影絵が使われていて、そのイメージが異国の不思議な話と相まって、母親に読んでもらうと子供心にワクワクしたものです。
私が実際に子供の頃は白黒の絵本で、今思うと残念ですが、
子供特有の想像力を発揮して、イメージを補完していた気がします。

最近、シリーズものとしてフルカラーで復刻されたらしく、
amazonのレビューなどを読んでみても、根強いファンがいるようです。





アートディレクターは花森安治で、後書きにも当時のエピソードなどが書かれておりデザイナーには興味深い側面もあります。

子供の頃にどんな本を読んできたか。

大人になって思い出してみると、懐かしいのはもちろんですが、また別の見方ができたりして面白かったです。

いろいろな人にの思い出の一冊を聞いてみたいなと思いました。

宇宙ミュージアム『TenQ』に行ってきました

菅原 千恵 for Private Time/2014.09.29

こんばんは。
分室では去年風邪とインフルエンザが大流行したので、今年もまたバイオハザードが起きるのではないかと戦々恐々としているクリエイティブチームの菅原です。

先日久々にアミューズメント施設に行ってきました。
今年の7月にオープンした宇宙ミュージアム『TenQ』です!


ビルのワンフロアほどの大きさでしたが、
壁一面に広がるイントロダクションの映像や、
4Kによって再現された宇宙や地球の映像は息を呑むほどの迫力と感動でした。

また、映像のみならず、惑星や衛星について説明された展示も多く見られました。
ほかの博物館とすこし違うなと思ったのは、
説明パネルのついた展示を見るだけではなく、
ミニゲームに参加したり、宇宙人占いをしたりと
わいわいとした雰囲気があったことです。

こんな展示もあったり・・・
IMG_8306_03.png
天井からぷらーんと吊るされているのが可愛い・・・

しんとした博物館とはまた違った面白さが魅力的でした。

出口へと続く道には、青くいくつも輝く星の中に偉人や宇宙に関する人々の言葉が浮かんでいました。
なかでも印象に残った言葉はこちら
IMG_0486_03.jpg
つい時間を忘れて見入ってしましました。

宇宙が好きな人なら楽しめるのではないかと思います。
機会がありましたら是非足を運んでみてはいかがでしょうか

バブルサッカー

斎藤 愛加 for Private Time/2014.09.10

こんにちは。
プロジェクト推進部の斎藤です。

先月大学時代の友人と何人かで集まり、サッカーをしてきました。
とはいっても特にサッカーが上手くも好きでもない私と友人たちは、
「普通にやるだけでは面白くない!」となり、
昨年から話題沸騰中のバブルサッカーというものをやってきました。

1409.jpg

バブルサッカーとは、
上の写真のように丸い風船のようなものの中に入り、サッカーを行うスポーツです。
※画像が荒くてスミマセン。。

普通のサッカーのように、ボールをけったりする足裁きも大切ですが、
相手に体当たりをしてボールを奪えるかがコツとなります。
体当たりされても、風船が衝撃を吸収してくれるので痛くありません!笑

不思議なスポーツですが、
ノルウェーのサッカー番組で考案されたのをきっかけに、欧州で人気が出たそうです。

本当にサッカーが好きな方には邪道なスポーツかもしれませんが、
意外と楽しいので是非一度やってみてください♪

TAKEO PAPER SHOW 2014

上田 学 for Private Time/2014.09.07

こんにちは。
クリエイティブチームの上田です。

先日、紙の専門商社である竹尾が主催する
紙とデザインのイベント「TAKEO PAPER SHOW 2014」に行ってきました。

このイベントは、1965年に始まり第47回目を迎え、今回は「SUBTLE サトル | かすかな、ほんのわずかの」をテーマに企画・構成に原研哉氏を招いて開催されました。





すべて撮影OKだったので、少し紹介させていただきます。

2014-05-31 15.35.30.jpg
まず最初に「紙の花/三澤 遥」。
筒状に丸めた紙を鉛筆削りで削りだしたもの。とても繊細で美しい作品。


2014-05-31 15.37.56.jpg
「コントロール/中村竜治」。紙で作られた構造物。

2014-05-31 15.39.22.jpg
「I HATE U / I LOVE YOU/色部義昭」。
片面が蛍光色の紙を使用し、下部に反射した色が見えている。


このような15人のクリエータによる作品が並びます。
様々な紙を使用し、その紙の特性を活かした作品はとても勉強になりました。

繊細で壊れやすい作品からは紙独特の緊張感や崇高さを感じられ、
デジタルでは感じられない五感を刺激する紙の素晴らしさを実感しました。

数は減っても、紙と印刷はなくならないで欲しいものです。

2014年ワールドカップ

番匠 雅幸 for Private Time/2014.07.18

はい、どうもはじめまして

プロジェクト推進部のメンバーのひとりとして入社いたしました番匠と申します。

ご挨拶が遅くなりましたが、今後ともよろしくお願いします。

だいぶこっちの生活にも慣れてきましたが
やっぱり東京は暑い・・・
北海道から来た僕としては早く涼しくなって欲しいです。

自己紹介は早々に切り上げて
旬な話題!!


サッカーワールドカップについて
語らせてください

th.jpg










まずは我らが日本代表
残念、無念・・・
初戦のコートジボアール戦の負けが痛かったですね
自分たちのサッカーに固執してたんでしょうか・・・
国際舞台で、一発勝負毎にどうも弱い部分が出てしまいました。

4年後のロシアでリベンジして欲しいですね。

aflo_feature_selected_f659c3459d_xtqa001926.jpg

日本代表もそうですが
今大会は強豪国がグループリーグで敗退する
波乱の大会になりました。いろいろなネット記事の中から
ちょっと面白い物を見つけたのでご紹介します。


W杯にまつわるジンクスについて

・バロンドールの呪い
これは有名なジンクスです。
「年間世界最優秀選手」に贈られる賞ですが、
W杯前年に受賞するとその選手がいる国は本大会で勝てないというジンクスがあります。

これまでバッジオ、ロナウジーニョ、メッシなどの
トッププレイヤーもこのジンクスに阻まれてきました。
ちなみに昨年はクリスティアーノ・ロナウド選手が受賞しましたが
ポルトガルはグループリーグ敗退。

・ペレの呪い
サッカーの神様と称されるペレが予想した大会優勝候補は、脱落
さらに悲惨な結果に終わってしまうジンクス。自国優勝を予想していたペレですが
ネイマールの負傷欠場してしまい決勝トーナメントではかつての王国の姿は
ありませんでした・・・

・監督が自国籍
第1回大会から続いているジンクス。監督が自国籍の優勝国しかいないみたいです。

今大会は、アルゼンチンが当てはまらない国でしたが
ドイツのゲルマン魂がジンクスを破って優勝しましたね~

4年後もまた、眠れない日が来そうです。



シャウエッセンパーティー

古谷 梢 for Private Time/2014.07.08

こんにちは。
プロジェクト推進部の古谷です。

弊社では企業さまのECサイト構築のご依頼をいただくことが多く、
打ち合わせをしている時も、さまざまなサイトを実際に見たり、時には使ったりしながら
あーでもない、こーでもないと意見を出して打ち合わせを進めていくことがあります。

先日も、参考になりそうなサイトをメンバーで見ていると、
PM21:00を過ぎ、小腹を空かせた私達には
なんとも魅力的な商品が目に飛び込んできました。

shau1.png

普段はちょっと手がとどかないけれど、みんな大好きシャウエッセン。
打ち合わせ後も、シャウエッセンの話題は尽きず、
その週末にシャウエッセンパーティーを決行しようという話にまでまとまりました。

シャウエッセン特売のECサイトで約20袋のシャウエッセンとじゃがいもを買い込み、
その他おつまみは「ドイツっぽい」ということで選んだプレッツェルとスナイダーズのみ、
という極々シンプルなパーティーが企画されました。

しかしやはりさすがシャウエッセンです!
半数以上の社員が参加し、パーティーは大盛況でした。

shau2.jpg

テーブルの上に並んだのはシャウエッセンとじゃがいもだけでしたが、
みんなで輪になってシャウエッセンを囲むだけで、
とても楽しいパーティーになりました。

第2回もやれるといいなぁ・・・
と待ち望んでおります。

My favorite movie

長手 敦 for Private Time/2014.06.22

遅くなりましたが改めまして、5月から入社しました新米Webデザイナーの長手です。

ブログ初回ですが...
自分の好きな映画!
中でもお気に入りの「STARWARS」について少し語ってみようと思います!


この映画との出会いは、小学生の時でした。

自分は、姉と妹の3人兄妹だったこともあり、幼い頃はよくセーラームーンごっこなど、女の子の遊びをよくしていました。しかし、小学生の頃に話題となっていた映画「STARWARS EPISODE Ⅰ」を見て自分の中で革命が起こります。
父親が買ってきたその映画のDVDを見て、生まれて初めて「なんてカッコイイ物語なんだ!」と純粋に感動し、何度も何度も見返したのをよく覚えています。
中でも特に好きだったシーンが、ライトセーバーを使った戦闘シーンでした。


starwars01.jpg

──ライトセーバーとは?

ご存知の方も多いと思いますが、ジェダイと呼ばれる騎士たちが使用する剣状の武器です。また、ジェダイだけではなく、シスと呼ばれる物語上の敵役の組織も使用しています。持ち手の部分に内蔵されているクリスタルから放出されるエネルギーと、フォースと呼ばれる特殊な力によって、ライトセーバーの質や色が変化すると言われています。...確かそんな設定です。そしてこのアイテム、なかなか奥が深いです。。

当時小学生の自分は、この得体もしれない武器や、それを使った戦闘シーンにとても魅了され、ホームセンターで木製の棒を買い、ライトセーバーの模型を削り作ろうと試みたり、ひとりでジェダイの修行をしていました。
そして、次第に壮大なSTARWARSの世界にハマっていくことになります。

この映画のキーアイテムとも言えるライトセーバー。このアイテムについて監督であるジョージ・ルーカスが語った記事がありました。


starwars02.jpg

その記事では、ライトセーバーについて、「主要キャラクターには武器でありながら強さや名誉を象徴するようなアイテムを持たせたかった」と言っています。また、ライトセーバーには使用する人の魂やフォースを取り込んでいるため、かなり重い設定で、日本刀のように両手持ちが基本とも語っています。

ライトセーバーの戦闘シーンもそうですが、サムライスピリットならぬジェダイの精神や、物語全体を通して見ても衣装やメイクなど、日本文化に強く影響を受けたことを見て取れます。
監督のジョージ・ルーカス自身、日本文化に大きく影響を受けた作品であったことは間違いなさそうです。

そんなサムライスピリットに、知らぬうちに大きな影響を受けていた自分なのですが...
思い返してみると、幼稚園時代には「忍者戦隊カクレンジャー」にハマり、中学時代からは宮本武蔵を主人公とした漫画「バガボンド」、きっと前世はサムライだったかもしれません(笑)。

本作、実写映画では全6部作なのですが、ついに来年、待望のエピソードⅦが公開予定となっており、現在撮影真っ最中です。


starwars03.jpg

前作で出演していた大御所たちも出演するようです。
なかなか見どころ満載なこのSTARWARS、ぜひ来年までにおさらいしてはいかがでしょうか?

撮影

山崎 綾子 for Private Time/2014.06.20


こんにちは。
クリエイティブチームの山崎です。

先日あるパンフレット制作のため、スタジオで撮影を行いました。

image008.JPG
スタジオのエントランスにて。


お恥ずかしいことに私は撮影に立ち会ったのは初めてだったので
スタジオに入っただけでかなりの興奮状態でした笑

当たり前ですが、カメラマンさん、スタイリストさん、メイクさん、モデルさんなど
たくさんの人が関わって写真ができていきます。


image002.jpg

これはハンドモデルさんの撮影。
撮影→モニターでチェック→微調整
を繰り返して撮影は進みます。




image011.jpg

モデルさんを使用しての撮影は雰囲気ががらっと変わり
より盛り上がって撮影ができました。
やはりモデルさんは華がありますね。

カメラマンさんを始めスタッフの方々とデザイナーである私たちは
普段なかなか顔を合わせる機会がありません。
直接お会いして「こうしたらいいんじゃないか」と話し合いながら
進めて行く撮影の現場は私にとって本当に刺激的でした。

こういう機会が少しずつでもこれから増えていけばいいなと思います。


今回実際に撮影に立ち会ったことで、より写真1枚1枚に重みを感じるようになった気がします。
多くのスタッフさんが作り上げた写真を
写真のセレクトやレイアウト、トリミングなどで活かすも殺すもデザイナー次第。
より大事に作業していきたいと改めて思いました。


最後にdigのスタッフとモデルさんで記念撮影。
撮影スタッフのみなさんお疲れさまでした!

naru3.jpg

ページトップ
表示切替:モバイル版パソコン版